CAP

視野が広い作業帽を選ぶ

メガホンを待った女性

視野が狭くなってしまうような作業帽は購入せずに、常に広い視野で仕事ができる作業帽を購入するようにしましょう。今現在の作業帽は安全確保の部分もあり視野が広い物が多いです。しかし作業内容によっては視野が狭くなってしまう場合もあります。視野が狭くなってしまう恐れがある場合は作業事に作業帽を変えるようにしましょう。例えばになりますが、上を向いて作業をしないといけない場合もあります。
その際につばがついているような作業帽を選んでしまうと視野が狭くなってしまいます。つばついていない作業帽もあるので、上を向いて作業をする可能性がある方は、つばの事も考えて購入をするようにしましょう。安全面の確保を最優先したいと言う部分から深くかぶる事ができる作業帽を選ぶ事もあります。
深くかぶれる事によって頭だけではなく顔も守れる場合がありますが、視界はかなり悪くなってしまいます。深くかぶるタイプの作業帽でも視界を確保してくれるデザインの物もあるので、購入をする際は考えてみましょう。購入前にかぶってみても実際に仕事をしてみないと合っているのか合っていないのか分かりませんが、なんとなく程度に予想はできるはずです。行う作業を考えて作業帽を購入しましょう。

作業帽に感謝

私は、印刷会社で製造の仕事をしています。どこの会社でも、製造業の現場では作業帽をかぶって仕事をすると思います。私の勤めている印刷の会社では、印刷物に髪の毛が入らないように、メッシュ型の作業帽をかぶっています。素材はポリエステル65%、綿35%でできていて、肌触りは心地よい感じです。頭のてっぺんと、横、後ろはメッシュです。頭のてっぺんは、通気性を良くするためにで、横と後ろは髪の毛全体を覆いますが、これもメッシュですので通気性がよく、ストレスに感じません。
前にはツバがついています。帽子をかぶった姿は、少しかっこ悪い感じがしますが、印刷物に髪の毛が混入しないように、機能してくれています。私は、印刷物の種類が変わるたびに、セット換えを行いますが、その時に急いでいると汗がすごく出てきて帽子がうっとうしくなるので、たまに帽子をかぶらない時があります。
生産中ではないので、かぶらなくてもいいだろうと軽い気持ちで帽子を脱いでいました。ある日のセット換え中私は急いで作業を行っていて、座った体勢から立ち上がった時、機械の鉄の角の部分で思いっきり頭を打ちました。完全に頭を切ってしまったな。と思い頭に手をやると、怪我をしていなかったのです。偶然にもその時はなぜか作業帽をかぶってセット換えをしていたのです。作業帽は頭を保護するという機能もあるのですね。おかげで助かりました。

お洒落になっている傾向があります

黒や白と言ったシンプルな色の物しか無いと言うのが多くの方が持つ作業帽のイメージでは無いでしょうか。しかし作業帽は最近お洒落になってきています。黄色と言う色は昔からありましたが、今まであった色に加えて男性が好む色、そして女性が好むような色もあります。女性は作業帽を使うのか疑問を感じますが、作業帽を使う仕事をしている人も増えているので、女性にも少しは作業帽で楽しんでもらう事ができるように工夫をされている商品だと言えるでしょう。
お洒落になると機能性が落ちてしまう心配をします。作業帽の機能性が落ちてしまうのはとても重大な事になります。そのため機能性が落ちない範囲でお洒落にしているので安心をしても良いでしょう。まだ柄物は少ないですが、自分でアレンジをしている人もいます。シンプルな色の作業帽を購入して装飾を加えたりすると、1つしか無い作業帽を作る事ができます。アレンジをする際も機能性が下がってしまったり、装飾が原因で重さが増えてしまう事が無いようにしましょう。作業帽はこれから機能性も向上しますし、デザイン性の部分でも向上してくるはずです。少し古い作業帽を使っている人は、心機一転の意味も込めて購入をしなおしてみても良いでしょう。

Information

News List


TOP

Copyright © 2017 使いやすい機能的な作業帽について解説!幅広いシーンで大活躍 All Rights Reserved.